Verbitは$ 31MシリーズBを調達し、文字起こしとキャプションサービスを拡張

0
55

テルアビブとニューヨークを拠点とするスタートアップで、プロのユーザーにAI支援の文字起こしとキャプションサービスを提供するVerbitは、本日、成長株会社Stripesが主導するシリーズBラウンドを3,100万ドル調達したことを発表しました。既存の投資家Viola Ventures、Vertex Ventures、HV Ventures、Oryzn Capital、ClalTechもこのラウンドに参加しています。これにより、2019年のシリーズAラウンド2,300万ドルを含む会社の総資金は6,500万ドルになります。

3歳の会社は、新しい資金を使用して新しい分野に拡大し、新しい言語を追加する予定です。現在、その焦点はメディアおよび法律業界、ならびに教育機関にあります。同社は現在、ハーバード、スタンフォード、コースラを含む150以上の顧客を抱えています。 Verbitはまた、2020年に人員を倍増する予定です。

VerbitのAIベースのツールは約90%の精度を実現しますが、99%の精度を実現するために必要に応じて修正を加える約15,000人の筆記録者とも連携します。事実上すべての機械学習システムと同様に、これらの変更はシステムに流れ込み、その精度を向上させます。

最近、同社はリアルタイムの文字起こしサービスも開始し、ニューヨークオフィスを開設しました。

「私が3年前にVerbitを設立したとき、私たちがこの業界で市場をリードする企業の1つになるとは思っていませんでした」とVerbitのCEO兼共同創設者であるTom Livneは述べました。 「この最新の資金調達ラウンドは、Verbitの旅における重要なマイルストーンであり、2019年の信じられないほどの勢いを強化します。Stripesとのコラボレーションは、Verbitのカテゴリーをリードする製品の優れた指標であり、市場での革新を続けることができます。」