Google Cloudは、15分の応答時間でプレミアムサポートプランを取得します

0
214

Google Cloudは本日、エンタープライズおよびミッションクリティカルなニーズに対するプレミアムサポートプランの開始を発表しました。この新しいプランでは、Google Cloud Platform(GCP)向けのGoogleのサポートサービスが、プレミアムG Suiteサポートオプションに沿って提供されます。

「プレミアムサポートは、最新のクラウドテクノロジーを実行しているお客様のニーズをよりよく満たすように設計されています」と、Googleのクラウドサポート担当副社長であるAtul Nandaは述べています。 「そして、お客様のエクスペリエンスを改善するための投資を行いました。更新されたサポートモデルは、プロアクティブで統一され、お客様を中心とし、ビジネスのさまざまなニーズに柔軟に対応します。」

プレミアムプランは、毎月のGCPの費用に基づいて(月額約$ 12,500と思われる最小コストで)Googleが請求するもので、P1ケースの15分の応答時間を約束します。これらは、アプリケーションまたはインフラストラクチャが本番環境で使用できない状況です。その他の機能には、トレーニングや新製品のレビュー、サードパーティシステムのトラブルシューティングのサポートなどがあります。

「コンテンツ認識エキスパート」

Googleは、企業の電話に回答するチームは、アプリケーションスタックとアーキテクチャを知っている「コンテンツ認識エキスパート」で構成されることを強調しています。他のベンダーの同様のプレミアムプランと同様に、企業にはこれらの問題に対処するテクニカルアカウントマネージャーがいます。グローバルに事業を展開している企業は、複数の地域で営業時間中にテクニカルアカウントマネージャーを利用できるように(そして料金を支払う)ことができます。

ただし、ここでのアイデアは、GCPユーザーにプロアクティブなサポートを提供することでもあります。これには、サイトの信頼性エンジニアリングが含まれる予定です。たとえば、「ダウンタイムに対する最高の感度。」また、サポートチームはお客様と協力して、ブラックフライデーなどの特別なイベントや業界のその他のピークイベントに備えます。時間の経過とともに、同社はさらに多くの機能とサポートプランを追加する予定です。

最近のほとんどすべてのGoogleのクラウドの移行と同様に、本日の発表は、より多くの企業をクラウドに移行させるための同社の取り組みの一部です。たとえば今週初め、IBMのPower Systemsアーキテクチャのサポートと、小売業者向けの新しいインフラストラクチャソリューションを発表しました。また、ノーコードサービスAppSheetも取得しました。