元ドッカーCEOのスティーブ・シンがマドロナに参加

0
237

Madrona Venture Groupは本日、Dockerの元CEOであるSteve Singhを同社のマネージングディレクターとして採用したことを発表しました。

シンは昨年5月にDockerのCEOとして辞任し、シアトルを拠点とするマドロナは論理的な着陸地点のように見えます。同社によれば、彼は長年シアトルに居住しており、戦略的ディレクター兼エンジェル投資家として長年にわたってマドロナの舞台裏で働いています。

Singh氏は、関心のある分野はいくつかありますが、企業内のインテリジェントアプリケーションに集中したいと考えています。 「私たちがワクワクしている幅広いテーマはたくさんありますが、私は特に、ビジネスと私たちの生活を変革するインテリジェントアプリケーションの可能性に情熱を傾けています。 Clari、HighSpot、Amperityなどの次世代のクラウドネイティブアプリケーション企業は、大規模なビジネス課題を解決し、数十億ドル規模のビジネスになる信じられないほどの機会を持っています」と彼は声明で述べた。

彼は確かに幅広い企業経験を持っています。 Dockerを超えて、彼は20年以上にわたってConcurの会長兼CEOであり、2014年に同社へのSAPへの売却を83億ドルで監督しました。さらに、彼はClari、Talend、DocuSignなどのさまざまなボードに座っています。

Constellation ResearchのアナリストであるHolger Mueller氏は、SinghがLinkedInのプロフィールで「退職」しているため、長い間傍観していないことは明らかだったと述べています。 「シンの経験とつながりを考えると、彼はVCスペースで起用される力になると期待しています」と彼はTechCrunchに語った。

シンは、マイクロソフトの元企業副社長だったS.ソマセガー、および長年のCFOであり、いくつかの企業の株式公開を手伝ったホープコクランに加わっています。

マドロナは今年で創業25周年を迎え、その初期の投資の1つがシアトルの小さなスタートアップ、AmazonのシリーズAだったことを自慢できます。