ドイツのインシュアテックであるGetsafeは、コンテンツ保険アプリを英国に提供しています

0
82

アプリを通じてホームコンテンツの保険を提供するドイツのインシュアテックであるGetsafeが英国で発売されましたが、国内の保険市場はますます競争が激しく、Brexitの厳しい規制問題に直面しています。

Getsafeは、英国と欧州連合の間の将来の貿易関係に関する将来の政治的決定に先んじてそれを保護するために、ロンドンに拠点を置く独立した英国の子会社を組み込むことを見ました。

フラグシップのホームコンテンツ保険を英国で開始するために、新興企業はHiscoxと提携しました。現在、ミュンヘン・リーおよびAXAと他の市場で提携しています。

2015年5月にHeidelbergのChristian WiensとMarius Blaesingによって設立されたGetsafeは、最初はデジタル保険ブローカーとして立ち上げ、その後、直接の消費者向け保険へと移行しました(その仲介事業はVerivoxに売却されました)。

ミレニアル世代を対象とするデジタル保険会社としての地位を確立し、ドイツで最も急速に成長しているデジタル保険アプリの1つです。Getsafeの主力製品は、個人の持ち物カバーなどのその他の「モジュール」(家の外での持ち物を保証する)などの柔軟な住宅コンテンツ保険を提供します)および偶発的な損傷カバー。アイデアは、あなたが構築し、必要な正確なカバーのみを支払うというものです。

今週初めに、Getsafeのオンボーディングプロセスを試してみて、基本的なホームコンテンツ保険に加入しました。プロセスはそれがそうであることができるのと同じくらい簡単で、ほんの数分以内に私は非常に競争力があると感じた月額5ポンド未満でカバーしました。

保険の証明

もちろん、この新興企業にはイギリスのデジタルライバルがいないわけではありません。たとえば、ブロリーコンテンツもその1つです。保険商品の証拠は、請求を行う必要があるときです。これを行うために、GetsafeはCarlaと呼ばれるクレームチャットボットを開発しました。このチャットボットは24時間対応で、質問に答えたり、クレームを報告したりできます。カーラとチャットする必要がないことを望みます。

GetsafeのCEOで創設者のChristian Wiensは、英国は魅力的な市場であると述べています(Brexitにもかかわらず)。消費者は金融商品をデジタルで購入することに慣れているからです。彼は英国がeコマースのヨーロッパ最大の市場であることを引用し、モバイル決済もここでは標準であり、Monzo、Revolut、Starling、N26などの「ネオバンク」が確立していると指摘しました。対照的に、彼は保険がまだ追いついていないことを主張します。 「私たちのスマートフォンアプリを使用して、Getsafeは市場のこのギャップを埋めることを目指します」とWiensは言います。

2019年6月、GetsafeはシリーズAの資金調達で1700万ドル(1500万ユーロ)を調達しました。ラウンドはコメルツベンチャーズ(およびその他の既存の投資家)の参加を得て、アーリーバードが主導した。