アマゾン、10億ドルを投資してインドの中小企業のデジタル化を支援

0
104

インドは今週、独占禁止法調査でジェフ・ベゾスを歓迎した。その上、通常は互いに競争する何千もの小さな商人が全国に集まり始め、eコマースの巨人による主張されている略奪行為に対する抗議をし始めています。しかし、Amazonの創設者兼最高経営責任者の、同社の最も重要な海外市場の1つに対する愛情は、まだ汚れていません。

水曜日にニューデリーで開催された会議で、Amazon Indiaの責任者であるBezosとAmit Agarwalは、アメリカの中堅企業がインドの事業に10億ドルを投入し、国の中小企業のオンライン化を支援すると発表しました。これは、同社が以前に国に投資した約55億ドルに追加されます。

ベゾス氏によれば、Amazonはインドからの現地生産品の輸出も、2025年までにアマゾンプラットフォームで100億ドル規模になるよう、ニューデリーのインド国内での製造を促進するプログラムに沿ってインドでの製造を目指しています。

「今後5年間で、Amazonは10億ドルを投資してインド中の都市、町、村の小規模および小規模ビジネスをデジタル化し、これまで以上に多くの顧客にリーチできるようにする」とBezosは声明で述べた。

「このイニシアチブは、Amazonのグローバルフットプリントを使用して、2025年までに100億ドルのインドの輸出を創出します。この投資により、何百万人もの人々がインドの将来の繁栄につながり、同時に世界を「インドで作る」ことにさらされることを願っていますインドの豊かで多様な文化を代表する製品」と彼は付け加えた。

インドでは約5億人が過去10年間で初めてインターネットにアクセスしました。しかし、インドの何万もの都市、町、村に点在するママポップショップなど、ほとんどの中小企業はまだオフラインです。 Google、Facebook、およびMicrosoftも、これらのビジネスがWeb上での存在感を高め、デジタル決済を受け入れるのに役立つツールを近年立ち上げました。

Amazonは、Amazon SMBhav(可能な場合はヒンディー語)というタイトルの会議を開き、eコマースプラットフォームにサインアップした後、ビジネスを拡大したインドの貧しい商人や職人のビデオを公開しました。

アマゾンの幹部によると、同社はインドで50万人以上の販売者を集めており、数千の商人が世界中の12のアマゾン市場で販売を開始することでビジネスを拡大している。

しかし、会議場からわずか10マイルのところに、何十人もの商人が異なるアマゾンの話をしました。

インドの6000万人以上の商人を代表する貿易団体である全インド商人連盟(CAIT)は、インドの300の都市で抗議を組織していると述べた。業界団体の代表は、AmazonとFlipkartが採用している略奪的価格設定およびその他の反競争的慣行を公表したいと語った。

ベゾスとアガルワルは抗議行動や独占禁止法の調査には触れなかった。

危機に瀕しているのは、世界最大の未開拓市場の1つです。 NasscomとPwC Indiaのレポートによると、インドの電子商取引市場は今後3年間で1500億ドルに成長すると予測されています。

「21世紀はインドの世紀になると私は予測している」とベゾス氏は会議で述べた。 「最も重要な同盟は、世界最古の民主主義であり、世界で最大の民主主義であるインドと米国との間の同盟であろう。」

月曜日に、インドの競争委員会は、AmazonとWalmartが所有するFlipkartに対して独占禁止法の調査を開始し、2つのeコマースジャイアントがスマートフォンベンダーと独占的な取り決めをしていて、一部の売り手に優遇措置を与えているかどうかを調べました。

厳格な外国企業

この調査は、AmazonとFlipkartの最新の規制後退であり、インドで2018年に株式の過半数をWalmartに160億ドルで売却しました。昨年、米国の上院議員は、外国企業が自社の子会社からの在庫販売を制限した後、ニューデリーを批判しました。この動きにより、AmazonとFlipkartは市場から数十万もの商品を突然引き抜かざるを得なくなりました。

CAITのスポークスパーソンはTechCrunchに、その加盟店はインドの独占禁止法の監視の動きに満足していると語った。今日の新しい抗議ラウンドは、近年組織された業界団体の1つです。先月、何千人もの抗議者が電子商取引プレーヤーに対して同様の懸念を表明しました。

「Amazon、Jeff Bezos、Flipkart、戻ってきて!」何人かの抗議者が今日叫びました。 CAITの書記長であるSumit AgarwalはTechCrunchにインタビューで、Amazonでの商品の「大幅な値引き」は小規模商人の成長を妨げているため、政府の介入が緊急に必要であると語った。

業界の推定によると、eコマースは国の小売売上高の約3%を占めています。